スペック

性能が向上!iPhone13のスペックやiPhone12との違いを徹底解説

更新日:

2021年9月24日に発売されたiPhone13は、前作のiPhone12と比べてさまざまな改良が行われました。購入や買い替えを検討中の方も少なくないでしょう。

この記事では、iPhone13のスペックや、iPhone12の違いをご紹介します。iPhone13を選ぶメリットも解説しますので、購入を検討中の方は参考にしてください。

iPhone13シリーズのスペックを確認

まずiPhone13シリーズのスペックを見ていきましょう。以下は、iPhone13・Pro・Pro Maxの各スペックです。

(左からiPhone13/Pro/Pro Max)

・画面サイズ:6.1インチ/6.1インチ/6.7インチ

・CPU:A15 Bionic

・ストレージ:128GB・256GB・512GB・1TB(※ProとPro Maxのみ)

・本体サイズ(縦・横・薄さ※mm):146.7・71.5・7.65/146.7・71.5・7.65/160.8・78.1・7.65

・重量:173g/203g/238g

・バッテリー(動画再生):15〜19時間/20〜22時間/25〜28時間

・バッテリー(音楽再生):75時間/75時間/95時間

・カメラ性能:デュアル12MPカメラ/Pro 12MPカメラ(※ProとPro Max共通)

・ビデオ撮影:720P・1080P・4Kビデオ撮影・シネマティックモードなど

下記はiPhone13 miniのスペックです。

iPhone13 mini

・画面サイズ:5.4インチ

・CPU:A15 Bionic

・ストレージ:128GB・256GB・512GB

・本体サイズ(縦・横・薄さ※mm単位):131.5・64.2・7.65

・重量:140g

・バッテリー(動画再生):13〜17時間

・バッテリー(音楽再生):55時間

・カメラ性能:デュアル12MPカメラ

・ビデオ撮影:720P・1080P・4Kビデオ撮影・シネマティックモードなど

CPUやビデオ撮影など、基本的なスペックは全機種共通しています。一方、画面サイズや重量は違いが大きく、iPhone13 miniとPro Maxでは画面が1.3インチ、重量は98gも異なります。

iPhone13とiPhone12の違い

iPhone13には、多くの注目すべきポイントがあります。この章では、前作iPhone12の主な違いを解説します。

CPUがA15に変更

iPhone13は、CPUが前作のA14 BionicからA15 Bionicへとバージョンアップされています。A15は、Appleが他社のCPUより最大50%速く、スマートフォン史上最速のチップと発表しています(2021年9月14日時点)。

参考:Apple、これまで以上にプロなiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxを発表 - Apple (日本)

シネマティックモードとフォトグラフスタイルが追加

iPhone13では、新しい動画撮影機能のシネマティックモードや、新機能のフォトグラフスタイルが追加されました。

シネマティックモードは、被写体のピントを自動で切り替えてくれる動画撮影機能です。手動でピントを変更するのはもちろん、撮影後の変更もできます。映画のような臨場感あふれる動画を撮影できるのが特徴です。

フォトグラフスタイルは、画像の明るさや柔らかさなどのトーンを変更できる機能です。事前に好みのスタイルを設定することで、撮影した写真に自動でフィルタが施されます。後から個別にフィルタを設定する手間を省けます。

512GB・1TBが追加された

iPhone13は、ストレージのラインナップも変更されています。iPhone12ではストレージが256GB、Pro・Pro Maxが512GBまででした。一方、iPhone13では512GBが追加され、Pro・Pro Maxは1TBがラインナップに加わっています。

一方、iPhone13では64GBモデルが廃止されました。この措置により、どのモデルもストレージの最低容量は128GBになりました。

iPhone12よりノッチが小型化

iPhone13は、ノッチも小型化されています。iPhone12と比べて約20%小さくなっており、わずかながら画面領域が広くなっています。また、ノッチの小型化と合わせ、スピーカーも上部へ移動されています。

iPhone12のノッチのサイズが気になる方にとっては、20%の違いとはいえど、メリットではないでしょうか。

カラーバリエーションが変更

iPhone13では、以下のようにカラーバリエーションも変更されています。

iPhone13

・レッド

・ミッドナイト

・ブルー

・ピンク(新色)

・スターライト(新色)

iPhone13 Pro

・シルバー

・ゴールド

・グラファイト

・シエラブルー(新色)

iPhone12のグリーンとパープルがラインナップから外れ、iPhone13はピンクとスターライトが追加されました。いずれも光沢があり、上品さを全面に出しているカラーです。

iPhone12 Proのパシフィックブルーが廃止され、iPhone13 Proではシエラブルーが加わっています。シエラブルーは、パシフィックブルーと比べて淡い色合いで、光沢感が増しています。

バッテリーの性能もアップ

iPhone13は、バッテリーの性能も向上しています。iPhone12と比べ、動画再生が2〜8時間、音楽再生が5〜15時間長く再生できるようになりました。特にiPhone13 Pro Maxは大幅に改善されており、音楽は最大95時間再生できるとされています。

あくまで理論上の数値ではあるものの、バッテリー性能の向上は大きなメリットでしょう。動画や音楽再生に限らず、1回の充電でiPhoneを長く使うことが可能となります。

iPhone13を選ぶメリットは?

この章では、iPhone13を選ぶメリットについて解説します。購入するか悩んでいる方、iPhone12と迷っている方は、ぜひ判断材料にしてください。

映画のような動画を撮影できる

まず挙げられるメリットが、映画のような動画を気軽に撮影できる点です。iPhone13のシネマティックモードは、AIがリアルタイムにピントを切り替え、ぼかしなどの処理を加えてくれます。ぼかし処理などは、後から変更できるため、ユーザーは撮影に集中することが可能です。

スマートフォンで映画風の動画を撮影したい場合、動画編集ソフトでフィルタなどの処理を加える必要があります。知識や技術が求められるため、誰でも気軽に、とはいかないでしょう。

不完全ではありますが、iPhone13のシネマティックモードを使用すれば、誰でも気軽に映画風の動画を撮影できます。ハードルが低く、知識や技術は不要です。

動画や音楽を存分に楽しめる

動画や音楽をたっぷり楽しめる点も、iPhone13のメリットといえます。iPhone12と比べて、バッテリーの性能が向上しており、動画や音楽を長時間流し続けることが可能です。バッテリー残量を気にせず、映画・音楽に集中できるでしょう。

また、ストレージは64GBが廃止され、一部1TBがラインナップに加わるなど、全体的に増加しています。そのため、お気に入りの動画や音楽もたくさん保存できます。

高性能なiPhoneが使用できる

高性能なiPhoneを使えることもメリットの一つです。iPhone13は、CPUの性能が向上しているほか、ストレージやバッテリーなど、多くの面でバージョンアップされています。使い方次第ではiPhone12の性能で十分ですが、処理速度や性能を重視するなら、iPhone13が候補に入ります。

まとめ

2021年9月24日に発売されたiPhone13は、前作のiPhone12と比べ、さまざまな改良が行われています。全体的な性能が向上していますので、購入を検討する価値があるでしょう。

ただし、iPhone13はモデルによってバッテリー性能やストレージなどが異なります。予算と相談し、自分に適したモデルを選びましょう。

-スペック

Copyright© スマートフォンで知っておくと得な100のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.