スペック

iPhone12を購入するメリットや前作と変わった点まとめ

更新日:

2020年11月に発売されたiPhone12は、前作のiPhone11からさまざまな変更が加えられました。正当進化といってもよく、全体的に高性能化しています。これから購入するのであれば、iPhone12を候補に入れてみるとよいでしょう。

この記事では、iPhone11からの変更点や、iPhone12を購入するメリットについてご紹介します。スマートフォンの買い替えを検討中の方や、iPhoneを購入するか悩んでいる方は参考にしてください。

iPhone12のスペックと前作からの変更点

まずiPhone11と12のスペックをご紹介します。主なスペックは次のとおりです。

【iPhone11のスペック】

・ディスプレイ:6.1インチ/縦1792x横828ピクセル(326ppi)

・チップセット:A13

・ストレージ:64GB・128GB・256GB

・本体サイズ(高さ・幅・厚み):150.9mm・75.7mm・8.3mm

・重量:194g

・カメラ性能:12MP/デュアルカメラ

・バッテリー駆動時間(音楽):65時間

・カラーバリエーション:6色

【iPhone12のスペック】

・ディスプレイサイズ:6.1インチ/縦2532x横1170ピクセル(460ppi)

・チップセット:A14

・ストレージ:64GB・128GB・256GB

・本体サイズ(高さ・幅・厚み):146.7mm・71.5mm・7.4mm

・重量:162g

・カメラ性能:12MP/デュアルカメラ

・バッテリー駆動時間(音楽):65時間

・カラーバリエーション:6色

・その他:5G対応

iPhone11と12は、大きな違いがないように見えますが、細かい改良が加えられたり、新技術が採用されたりしています。予算が許すのであれば、iPhone12を選ぶ価値は十分あるでしょう。

コンパクトかつ軽量に

iPhone12は、前作のiPhone11と比べてコンパクトになっています。本体サイズが一回り小さいため、持ち歩いた時にかさばることもありません。重量も32g軽量化を実現しています。数値上は大きな違いはないように見えますが、従来より気軽に持ち運べるでしょう。軽いスマートフォンをお探しなら、iPhone11より12を選ぶべきです。

ディスプレイの解像度に違いがある

iPhone11・12ともにディスプレイのサイズは6.1インチですが、解像度が異なります。iPhone11は縦1792ピクセル、横828ピクセルと、過去のiPhoneと比べて高解像度です。

一方、iPhone12は縦2532ピクセル、横1170ピクセルとなっています。iPhone11よりも高精細で、美麗な映像を楽しむことが可能です。映画や動画を楽しむのであれば、十分なスペックといえます。

チップセットが高性能化

チップセットの性能も高くなっています。iPhone12では、A14というチップセットを採用しており、全体的なパフォーマンスが向上しています。iPhone11のA13に比べ、電力の効率がアップし、各種アプリも軽快に動作します。

5Gに対応した

5Gに対応している点もiPhone12のポイントでしょう。iPhone11は4G回線しか利用できませんが、iPhone12は次世代の5G規格に対応しています。5Gは、4Gと比べて回線速度が向上しており、今後は普及が進むとされる通信規格です。もし端末を長く使いたいのであれば、iPhone12を選んだほうがよいでしょう。

カラーバリエーションが変更

iPhone12は、カラーバリエーションが変更されています。iPhone11ではイエローが選択できましたが、iPhone12にはありません。iPhone12では、イエローの代わりにブルーが追加されています。ただ、展開するカラー数自体は変更がなく、イエローにこだわらないのであれば、影響は皆無といえるでしょう。

iPhone12を購入するメリット

iPhone12は、前作のiPhone11よりも軽量化され、ディスプレイの解像度などのスペックが向上しています。購入を迷っている方は、前向きに検討してみるとよいでしょう。この章では、iPhone12を購入するメリットをご紹介します。

5G回線で高速なインターネットを楽しめる

5Gのサービスエリア内で利用した場合に限りますが、4Gと比べて高速なインターネット回線が利用できます。快適なインターネットを楽しみたい方は、iPhone12を購入する価値があるでしょう。

通信環境によりますが、4Gの回線速度は最大でも1Gbpsに対し、5Gの回線速度は20Gpbs程度となっています。約20倍の差がありますので、容量の大きな動画や、オンラインゲームも遅延を気にせず楽しめます。

iPhone11より軽快に動作する

iPhone12はA14チップセットを採用しているため、前作のiPhone11よりも軽快に動作します。レスポンスの早さは、端末を快適に使用するために欠かせない要素です。iPhone12はサクサクと動くため、動作が速いスマートフォンが欲しい方に適しています。

きれいな画面で動画を楽しめる

細かな画面で映画や動画を楽しめる点もメリットです。iPhone11と12の画面サイズは変わらないものの、解像度には大きな違いがあります。iPhone12は細部まで美しく表現できるため、映像などのクオリティを求めるなら、購入を検討してはいかがでしょうか。

まとめ

2020年発売のiPhone12は、前作よりも全体的なスペックアップが図られています。iPhone11よりも本体サイズや重量がコンパクトになり、解像度も向上しています。

iPhone11も十分現役で利用できますが、価格より性能を求めるなら、iPhone12が最適でしょう。どの機種を選ぶか悩んだ時は、iPhone12の購入をおすすめします。

-スペック

Copyright© スマートフォンで知っておくと得な100のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.