ディスプレイ

操作していないのに…iPhoneのゴーストタッチの原因や対処法を解説

更新日:

ゴーストタッチという現象をご存知ですか?iPhoneを操作していないにも関わらず、画面が勝手に動いたり、アプリが起動したりする現象です。もし勝手に画面が動くような起こったときは、ゴーストタッチの疑いがあります。放置するとやっかいなことが起きるため、速やかに原因を特定し、対処することが重要です。

この記事では、iPhoneの不具合であるゴーストタッチの原因や、対処法についてご紹介します。現在ゴーストタッチで悩まされている方や、原因不明の誤動作が生じている場合は参考にしてください。

iPhoneの「ゴーストタッチ」とは?

ゴーストタッチは、iPhoneで起こる不具合の一つです。画面をいっさい触っていないときに、アプリが起動するなど、勝手に動く症状が出ます。見えない誰かが端末を操作しているように見えるため、ゴーストタッチと呼ばれています。

画面などが勝手に動くと、ハッキングやウイルスを疑ってしまう方も少なくはないでしょう。確かにハッキングなどの可能性もゼロではありませんが、ゴーストタッチはiPhoneの端末自体に問題があります。

ゴーストタッチに見られる症状

もしiPhoneに以下の症状が見られるときは、ゴーストタッチを疑ったほうがよいでしょう。

  • アプリが自動で起動する・操作される
  • 文字の入力ができない
  • スクロールできない
  • 画面をタッチしても無反応
  • 勝手に音声通話を発信する
  • 勝手にSNSへ投稿する

アプリが自動で起動するだけではなく、文字入力ができなくなるなど、操作全般に支障をきたす症状が発生します。特に注意したいのは音声通話やSNSで、勝手に発信したり、投稿されたりするケースもあります。余計なトラブルを招きかねませんので、iPhoneの動作が普段と違うと感じた場合、端末の再起動などの対処が必要です。

iPhoneのゴーストタッチが起こる原因

この章では、iPhoneでゴーストタッチが発生する原因について解説します。原因は主に4つありますが、場合によってはiPhoneの修理が必要です。

熱暴走が起こっている

iPhoneの本体が熱い場合、熱暴走によってゴーストタッチが起きていると考えられます。スマートフォンやパソコンなどの機器は、熱が蓄積することで誤動作が増加します。iPhoneについても、何らかの理由で熱が蓄積し、ゴーストタッチが起こってしまうことは多いのです。

なお、iPhoneは気温・室温が0度~35度の範囲内で良好に動作するよう設計されています。この範囲を超える温度下で使用した場合、端末の動作に異常が生じるおそれがあります。

ディスプレイの破損・不具合

ディスプレイの破損などもゴーストタッチを起こします。過去には、一部のiPhoneXやiPhone11でディスプレイモジュールの不具合が判明し、Appleが無償修理・交換を実施したケースもありました。

ゴーストタッチの原因はさまざまですが、ディスプレイの不具合・破損から起こるケースは少なくありません。他にも、液晶の保護フィルムに付いた小さい傷や、ホコリが引き起こす場合もあります。もし画面が汚れているか、保護フィルムを装着している場合、簡単な掃除を行ったり、保護フィルムを外したりしてみましょう。

iOSのバグや不具合によるもの

iOSのバグ・不具合によってゴーストタッチが引き起こされるケースもあります。特にiOSをアップデート後にゴーストタッチが起こり始めた場合、iOSのバグなどによる影響が考えられます。

ただし、熱暴走やディスプレイの破損などに比べ、iOSの不具合でゴーストタッチが起こるケースは多くありません。

iPhoneにゴーストタッチが起きたときの対処法

急に画面が動き出すなど、iPhoneでゴーストタッチが起こったときは、速やかに原因を取り除き、正常な状態へ戻す必要があります。この章では、iPhoneのゴーストタッチの対処方法を4つご紹介します。

端末を再起動する

ゴーストタッチが発生したら、まずiPhoneを強制終了して再起動してみましょう。もっともシンプルな手段ですが、再起動することで端末の設定がリセットされ、ゴーストタッチが起こらなくなる場合があります。

強制的に再起動する方法はiPhoneの機種によって異なります。マニュアルやAppleの公式サイトを確認してみましょう。

端末の電源をオフにして温度を下げる

iPhone本体が熱を持っている場合、強制終了させた後にしばらく放置をおすすめします。熱暴走を引き起こしている可能性が高いため、端末の温度を下げることが重要です。

電源をオフにする以外には、ケースやカバーを取り外したり、充電中ならケーブルを外したりする方法もあります。いずれにせよ、端末が熱くなっているときは冷やすことが大切です。

iOSを最新版にアップデートする

iOSのバージョンが古い場合、最新版へアップデートしてみるのもよいでしょう。バグや不具合が修正され、ゴーストタッチが解消されることもあります。

iOSのアップデートの有無は、以下の手順で確認できます(自動アップデートをオフにしている場合)。

  • 設定を開く
  • 一般の項目を開く
  • ソフトウェア・アップデートの項目を開く

ソフトウェア・アップデートを開くと、画面に最新のバージョンと、端末にインストールされているバージョンが表示されます。一致していないときは、最新版へアップデートを行いましょう。

端末を修理する

再起動などの対処を行ってもゴーストタッチが改善されないときは、iPhoneの修理を検討してみましょう。ディスプレイの不具合や、目に見えない部分が破損している可能性があります。熱暴走によって端末が故障しているおそれもあるため、修理店で相談してみるとよいでしょう。

端末に問題がある場合、放置しても改善される見込みはありません。費用はかかりますが、速やかな修理をおすすめします。

まとめ

急に操作を受け付けなくなったり、アプリが立ち上がったりなど、iPhoneのゴーストタッチは突然起こることも珍しくありません。一時的な症状で終わるケースも多いですが、再起動やiOSのアップデートで解消されなかったときは、端末の修理も検討しましょう。

-ディスプレイ

Copyright© スマートフォンで知っておくと得な100のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.