豆知識

いったいなぜ?スマホの電波が悪くなる原因と悪いときの対処法を解説

更新日:

スマホの通信が途切れる、電波が届かない……そのような経験をした方は少なくないでしょう。スマホの電波は常に一定ではなく、そのときの状況によって大きく変動します。安定した通信を維持するためには、電話が悪くなる原因や、悪いときの対処法を知ることが大切です。

この記事では、スマホの電波が悪くなる原因や、iPhoneやAndroidでの対処法について解説します。

スマホの電波が悪くなる原因

スマホの電波が悪くなる原因は、主に5つです。もし通信速度が遅くなったり、途切れたりしたときは、以下のいずれかに該当している可能性があります。

地下など電波が届きづらい場所で使用している

まず、考えられる原因が使用環境です。スマホの電波が届きづらい環境で使用していると、頻繁に通信が途切れるか、回線速度が低速になることがあります。特に、以下の場所は電波が届きづらいため、注意が必要です。

・建物の地下や奥まった場所

・オフィス街

・トンネル内

・車や電車の中

これらの場所で使用している場合は、いったん場所を変えてみましょう。

人が密集した場所で使用している

人が密集している場所も、電波が悪くなることがあります。狭い範囲内で多数の人がスマホを利用するため、回線が圧迫されてしまうのです。混雑状況によっては、インターネットへの接続すらできなくなります。

人混みが原因の場合、人が少ない場所へ移動すれば、通信が回復することがあります。それでも改善しないときは、後述する対処法を試してみましょう。

速度制限の対象になっている

お使いの回線が、速度制限の対象になっている可能性もあります。データ通信量が契約プランの上限を超えた場合や、一定期間内に多くのデータを通信した場合、ほとんどの通信会社が速度制限をかけています。

回線速度が遅くなったときは、直近のデータ通信量を調べ、速度制限の対象になっていないかチェックしてみましょう。もし対象になっていた場合、制限が解除されるまで待つ必要があります。

通信会社の基地局の障害

同じ回線を使用している、他のユーザーも電波が悪いときは、通信会社の基地局で障害が起きていることも考えられます。もし、他の回線でインターネットへ接続できるのであれば、通信会社の不具合・通信障害のページをチェックしてみましょう。

モバイル通信やWi-Fiがオフになっている

まったく通信できない場合、モバイル通信・Wi-Fiの設定の確認をおすすめします。オフになっていると、スマホは通信ができません。気になる方は、間違えて設定を変更していないか、一度チェックしてみましょう。

スマホの電波が悪いときの対処法

この章では、スマホの電波が悪くなったときの対処方法をご紹介します。急に通信速度が遅くなった方や、何度も途切れる場合は試してみましょう。

モバイルデータ通信の確認とオン・オフの切り替え

まずはモバイルデータ通信の設定がオフになっていないか、確認が必要です。もしオフになっているときは、オンに切り替えてみましょう。

iPhoneの切り替え方法

・設定メニューを開き、一覧から「モバイル通信」をタップする

・モバイルデータ通信の状態をチェックする(オンにする)

Androidの切り替え方法

・設定メニューを開き、「データ使用量」や「ネットワークとインターネット」をタップする

・モバイルデータの項目を探し、状態をチェックする(オンにする)

Androidのスマホは、機種によって設定項目の名称が異なります。設定からモバイルデータ通信に関する項目を探してみましょう。

Wi-Fiからモバイル回線へ切り替える

Wi-Fiで通信しているときは、オフにしてモバイル回線へ切り替えてみるのもおすすめです。もしモバイル回線で通信が可能な場合、Wi-Fiに問題があると考えられます。

Wi-Fiに問題があるときは、ルーターを再起動するか接続先(アクセスポイント)を変更してみましょう。それでも改善されないのであれば、Wi-Fiを一度オフにした後、再度オンにしてみてください。

iPhoneの設定方法

・設定から「Wi-Fi」を開き、Wi-Fiの状態を確認する

・いったんオフにした後は少し待ち、再度Wi-Fiをオンにする

・通信速度や電波を確認する

Androidの設定方法

・設定から「ネットワークとインターネット」を選び、Wi-Fiの状態を確認する

・iPhoneと同じく、オフにしてから少し待ち、再び設定をオンにする

・通信速度や電波を確認する

Androidは、機種によってWi-Fiの設定項目の場所が変わる場合もあります。ステータスバーにWi-Fiのボタンがある場合、直接オン・オフを切り替えてもよいでしょう。

端末を再起動する

端末の再起動もおすすめです。再起動すると、端末が新たに電波を探し始めるため、通信状態が改善される場合があります。

iPhoneの再起動方法

(FaceID搭載モデル)

・サイドボタンと音量ボタンのいずれかを同時に押さえ、スライダーが出るまで待つ

・スライダーから「電源オフ」をスライドし、電源を切る

・電源を入れ直す

(ホームボタン搭載モデル)

・サイドボタンかスリープ(スリープ解除)ボタンを長押しし、スライダーが出るまで待つ

・スライダーをドラッグして電源をオフにする

・電源を入れ直す

Androidの再起動方法

・本体の電源ボタンを長押しし、「電源を切る」を選択する

・電源を入れ直す

Androidのスマホは再起動の方法がほぼ共通している一方、iPhoneは機種によって異なります。

OSをアップデートする

他の回線でインターネットへ接続し、OSのアップデートを試してみるのもよいでしょう。最新版へ更新することで、通信の不具合が解消される可能性もあります。

iPhoneのアップデート方法

・設定メニューから「一般」をタップし、「ソフトウェア・アップデート」を選ぶ

・アップデートがある場合、アップデートを実施する

Androidのアップデート方法

・設定メニューから「システム」を開き、「ソフトウェア・アップデート」を選ぶ

・アップデートがある場合、アップデートを実施する

Androidの端末は、OSのバージョンやメーカーによってアップデートメニューの場所が変わります。

本体の故障・不具合も疑われる

上記の方法を試しても改善されない場合は、本体の故障や不具合が疑われます。通信会社の障害は起きていないのに、どの回線も通信が不安定になるときは、メーカーや修理店に相談してみましょう。

まとめ

スマホの電波が悪くなる原因はさまざまです。利用状況が影響している場合もあれば、通信会社に問題が発生している場合もあります。いずれにせよ、電波が悪くなったときは、今回ご紹介した対処法を試してみましょう。

-豆知識

Copyright© スマートフォンで知っておくと得な100のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.